FACS

BD FACS AriaⅡ

メーカー

Beckton, Dickinson

規格型番

AriaⅡ Special Order Research Product

設置場所

CoMIT5階 細胞分離室(0503A)

利用料金

有料

4-laser (Blue, Red, Violet, UV), 14-colorに対応しています。精度管理は当施設のスタッフが行っています。
Excitation : Blue Laser 488nm
Emission : FITC(530/30)、PE(575/26)、PE-Texas Red(610/20)、PerCP(670/14)、
PerCP-Cy5.5(695/40)、PE-Cy7(780/60)
Excitation : Red Laser 640nm
Emission : APC(670/30)、Alexa Fluor 700(730/45)、APC-Cy7(780/60)
Excitation : Violet Laser 405nm
Emission : H450 Pacific Blue(450/50)、AmCyan(525/50)、Qdot 655(670/30)
Excitation : UV Laser 355nm
Emission : Indo-1(Violet)(450/50)、Indo-1(Blue)(525/50)
Bulk Sorting, ACDU(6 well, 24well, 48well, 96well, 384well) Sorting
Nozzle(70um, 85um, 100um,130um)

設置消耗品

ピペットマン、チップ、洗浄用チューブ、MilliQ、エタノール、綿棒、CONTRAD、FacsFlow、Facsclean、Facsrinse、サンプルライン

利用者準備物

廃液持ち帰り用タンク、USBメモリ

注意点

●遺伝子組換えレベルP2の実験はできません。
●実験終了後はFACSFlow液の補充をお願いします。
●●廃液は流しに流さず、お持ち帰りいただくか、廃液回収サービス(有料)をご利用ください。
●サイドポピュレーション実験を行う場合は、御連絡下さい(フィルターの交換が必要です)。
●APCとApc-Cy7の両方を使用する場合は、レーザの出力を40mWに設定してください。 
●データの取り出しはUSBメモリをご使用ください。PCの負荷軽減のため、定期的(1月)にデータを削除しますので、ご留意ください。

リンク

日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
http://www.bdj.co.jp/faq/index.html

利用の流れ

初めて利用される方

お問合わせフォームからご連絡ください

ユーザー登録願を記入していただきます。

Divaソフトのアカウント登録を当施設で行います。
※アカウントは各教室に1つです。

予約システムより機器の予約を行ってください。
※装置の利用時間を確保してからサンプル調製してください。

サンプル調製
※各自で染色操作を行ってください。所要時間は操作により異なります。

装置の使用説明(2時間程度+サンプル測定時間+ソーティング時間)

データの取り出し方法の説明(10分程度)

使用記録簿に記入

利用されたことがある方

予約システムで装置の使用時間を予約してください。
●各教室のアカウントでDivaソフトにログインしていただきます。
●使用後は使用記録簿にご記入下さい。