汎用機器

Agilent 2100 バイオアナライザ

メーカー

Agilent technologies

規格型番

Agilent 2100

設置場所

CoMIT5階 試料管理室(0510B)

利用料金

有料

"Lab-on-chip"技術によりわずか1μLのサンプルを用いて、電気泳動から分析までを自動で行うことが可能です。 1回で最大12サンプルの定量ができ、定量時間は30〜45分程度です。
様々な専用試薬があり、DNAでは25〜12,000 bpのサイズの計測ができ、0.1ng までのDNA断片の分析が可能です。RNAでは、わずか5 ngのtotal RNAや50 pgの精製 miRNAの分析が可能です。 さらに、RNA Integrity Number(RIN)によりRNA品質を数値で評価することも可能です。タンパク質では、5〜250kDaのサイズ計測ができ、1ngまでのタンパク質の分析が可能です。

設置消耗品

洗浄用 milliQ 水、洗浄用ピペットマン・チップ (1mL)

設置備品

卓上遠心機

利用者準備物

希釈済サンプル、分析用試薬、ラボチップ、ピペットマン・チップ(20uL)、USB(HDD)

注意点

●分析終了後、なるべく早く水での洗浄を行ってください。
●プライミングステーション、電極カートリッジは、適宜、交換してお使いください。
●利用記録簿への記入をお願いします。
●解析終了後、デスクトップ上に作成したフォルダ・ファイルは各自削除してください。
●データの取り出しは、USB(HDD)をご利用ください。
●使用方法がわからない方は、事前にCoMIT Omics Centerにご連絡いただき、担当者とアポイントメントをとってください。

リンク

バイオアナライザ アプリケーション案内 アジレント・テクノロジー株式会社
http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=51
解析用ソフトウェアダウンロードサイト
http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=35490

利用の流れ

初めて利用される方

お問合わせフォームからご連絡ください

予約システムより予約を行なう(分析時間+機器使用説明時間)※余裕を持ってお取りください

Gel-Dye Mix の調製
※プロトコールに従ってGel-Dye Mixを調製してください
※RNAの場合は、ラダの希釈も行なってください

機器使用説明(所要時間30分)+分析

データの見方と取り出し方の説明(所要時間30分)

利用記録簿へ記入

利用されたことがある方

●上記の注意点をご確認の上、予約システムより予約を行ない、ご利用ください。